VICE-ヴァイスー孤独な予言者, 公開中の小説

 試合開始まで、残り25分――。

 赤坂シンフォニーホテルの最上階、1泊120万円の、ロイヤルスィートルーム。

 志垣智成はその部屋に置かれた、ゆったりしたソファで、ふんぞりかえってシェリーを飲んでいた。

VICE-ヴァイスー孤独な予言者, 公開中の小説

 首都高の高架が、六本木通りと平行に、どこまでも伸びていた。 

 東京メトロ “六本木駅” を降りて、麻布方向へとしばし歩く。

 騒がしい交通と、人いきれを渡り、六本木らしい煌びやかな通りから、やや奥

占星術と科学・思想, 評論・コラム

 

  よう、元気か? 俺は占い師の郷原悟だ。

 ということで今日は、タロットカードの説明をしよう。

 とはいえ、原作者の酒井はタロットを深く研究したわけでもない。酒井のベースは西洋占星術や、その周 ...

VICE-ヴァイスー孤独な予言者, 公開中の小説

 パァァァ……ン――!!!

 鼓膜が張り裂けそうなほどの銃声だった。たましいごと、粉々になりそうな爆発が、とたんに郷原をこの世ならざる空間にとどめていたドーパミンの分泌を、完全に止めた。

 4発目――。 ...

VICE-ヴァイスー孤独な予言者, 公開中の小説

「では志垣会長、ライフル銃の時限発射装置のスタートボタンを、押してください」

 志垣は、浜崎に促されるまま、観覧用のソファに座り、時限発射装置のスタートボタンを押した。じりじりと、部屋の隅に置かれた水平移動装置の上のライフ ...